茨木大光

茨木大光(イバラキタイコウ)プロフィール *茨木大光(TAIKO)(本名 茨木載洸)〔Vo/G/Kb〕

石川県小松市出身 金沢市在住 *全日本歌謡選手権45代チャンピオン

(ex東芝レコード~exCBSソニーレコード~ユニバーサルミュージック)

石川県立小松高校在学時からバンド活動に勤しみ21歳の時に東芝レコードより
『東京の夜に泣いている』作詩・作曲・大本恭敬でプロデビュー。
1976年 全日本歌謡選手権後CBSソニーレコードから再デビューし『夜半の雨』作詩/山口洋子
作曲/大野克夫『酔いどれ天使』作詩/山口洋子 作曲/川口真 の2枚をリリース。
32歳で帰郷後は(Bar GIGOLO)(居酒屋男廚)を経営しながら音楽活動を続ける。
2003年,金沢片町を詩った『犀川情話・スクランブル』をリリース。
2005年には下田逸郎の作品11曲をカバーしたアルバム『不思議な世界』をリリース。
2006年4月『ジーズ・ミュージック・アカデミー』を創設し新たに地元石川からの音楽発信を目指す。
2007年7月7日には,能登震災復興応援歌として5曲が収録された能登ラブソング
『1000の星1000の愛』をリリース。
2009年,還暦を機に*人生の応援歌『生まれてきてよかった』
*犀川,浅野川を詩った『おとこ川おんな川』作詩/長月瞑作曲/茨木大光 を8月8日にリリース。
2010年夏,中央大学法学部教授・広岡守穂氏と出会い、彼の詩集『はじめて』より数編の作曲を
手掛け2011年3月ミニアルバム『こころざしをください』をリリース。
定期ライブやイベントで積極的に音楽活動を続けている。
2015年7・7 椿 れい とのデュエット曲『金沢ロマンス』をリリース。
2016年1・27 ユニバーサルミュージックより再リリース。
2017年2月22日SOUND TREASUREより金沢シリーズ第二弾『片町哀歌』『レイニー・スクランブル』を
2019年12月5日『すきよ金沢』リリース。

© ps.SOUND TREASURE. Sound created with TerrierBarks

  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White YouTube Icon